4月に観た洋画

今年、日本で公開された洋画が面白いものばかりで嬉しいものです。

それと同時に「実写の邦画も何とかならんのか!」という気持ちもあります。

それにしても4月の金曜日の洋画公開ラッシュは凄かった・・・・・・!

面白い作品ばかりだし、リピートもしたいのに追いつかねえ!ってぐらいで。

いや、マジで追いつかないです。

洋画って、わりとあっという間に上映終了しますからね。

それでも何とか4作品は鑑賞することができたので、以下は個人的なランキングです。

 

1位:『レディ・プレイヤー1』(もはやバイブルになりつつある)

 


映画『レディ・プレイヤー1』予告1【HD】2018年4月20日(金)公開

 

 

2位:『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(何を言ってもネタバレになりそうで・・・・・・「お見事!」とだけ言っておきます)

 


「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」本予告

 

 

3位:『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』(面白かったけど、どうせなら日本語吹き替え版で観たかったなあ・・・・・・)

 


映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』新予告

 

4位:『パシフィック・リム:アップライジング』(いや、面白かったですよ。言いたいこと、たくさんあるけど)

 


『パシフィック・リム:アップライジング』日本版本予告

 

うーん、やはり全作品をリピートしたいです。

それにこれらを鑑賞していって思ったことは、「日本語吹き替え版にタレントを起用しなくなりつつある」ということ。

配給会社が正気を取り戻してくれたのだろうか?

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』はアレでしたが、吹き替え版のクレジットでは、ちゃんと主人公キャラから、プロの声優さんから順番に記されておりました。

こういうのって、主役を演じたわけでもないのに、タレントが一番最初にクレジットされてたりしますからね。

当然といえば当然のことですが、改善されつつあるかと。

それでもダサい邦題やPRはまだまだあるのが現状ですが。

 

そして・・・・・・まだ『君の名前で僕を呼んで』を観れてないことに気づくのでした。

 


『君の名前で僕を呼んで』日本語吹き替え版予告

 

こういう映画はあまり興味ないのですが「説教臭いメッセージのない、純粋な美しい恋愛映画」と聞いているので観たいです。 

こだわって制作されたであろう日本語吹き替え版、もうちょい拡大上映してくれないだろうか・・・・・・・。

DVD&ブルーレイへの悩み

映画を視聴する際、映画館以外だとDVDやブルーレイといった、ディスクで観ることのほうが圧倒的に多いです。

そっちのほうが集中できるし、特典映像も充実してるので。

かと言って、動画配信サービスを否定してるわけではないです。

例えば『Netflix』はオリジナル作品や未ディスク化の映画やドラマ、アニメが配信されています。

何より吹き替え版に関してもプロの声優さんのみを起用しているという、当たり前のことをしてくれているので、とても重宝しております。

 

でも何だかんだで、結局はディスクを買っちゃいます。

電子書籍よりも紙媒体派なので、やっぱり“物”があったほうがしっくりくるのです。

そして過去にDVDで購入したものを、ブルーレイに買い替えていたりも。

ブルーレイは画質が良いし、音質も良い。

それにDVDでは未収録だった日本語吹き替えや、追加の特典映像もあったりするので。

ただ・・・・・・

 

・「お、欲しかった映画がDVDに!買おう!!!」

・「あ、ブルーレイになってる!買おう!!!」

・「あ、日本語吹き替え&特典映像追加の特別版が出てる!買おう!!!」

・「あ、最後の最後にいろいろ追加された最終盤が出てる!買おう!!!」

・「あ、スチールブック仕様カッコイイなあ!買おう!!!」

 

・・・・・・こんな感じで同じ映画を4〜5つ持っていることがよくあります。

既存のDVDやブルーレイを手放せないのです。

普通の人がこの状況を見れば「何で同じのを買うの」とか「前のバージョンを売ればいいじゃん」、「頭おかしい」などと思われても無理はないでしょう。

しかしこちらの思いは複雑なのです。

なんせ、メーカーの移行やら著作権の関係で「DVDにあった特典映像がブルーレイではほとんど削除」されていたり「日本語吹き替えが未収録」だったり「画質も音質もばらつきがある」などと、罠が多いのです。

容易に既存のものを手放すことはできないのです。

 

さて、最近ではブルーレイよりも画質が更に進化した、「4K UHD」なるものが発売されているわけでして。

しかも中には、日本では未だ未公開、もしくは上映中なのに、日本語字幕&吹き替え版が収録されている(海外盤)ものも存在するのです。

 

 

 

リージョンフリーで「4K UHD」の再生環境さえあれば、映画館や海外に行かずに自宅で観れちゃうという・・・・・・!

なのでDVDやブルーレイで購入したものを「4K UHD」に買い換える日は、そう遠くはないかもしません・・・・・・キリがないなあ!

ハリウッド版『ゴジラ』の続編について

ハリウッド版『GODZILLA』の続編であり、モンスターバース・シリーズ第3作目が2019年に公開予定です。

タイトルは東宝のサイトによると『GODZILLA2(仮)』。

海外のサイトでは『GODZILLA:KING OF MONSTERS(仮)』。

個人的には後者のタイトルのほうが好きです。

なのでジュラシック・ワールド』続編のダサい邦題の二の舞いにならぬよう、願うばかりです。

 

続編にはゴジラの他にラドンモスラキングギドラが登場。

ハリウッド版『三大怪獣 地球最大の決戦』といった感じでしょうか。

ストーリーはゴジラモスララドン、そしてキングギドラが衝突する中、これらのモンスターと対決することになった秘密組織モナーク(未確認巨大陸生生命体こと「MUTO」を調査する組織)の英雄的な奮闘を描く。神話の中にしか存在しないと思われていた古代の巨大生物が現れ、支配権を巡って争う中、人類の存続は危機に晒される」というもの。

 

更にこの次の作品にはキングコングも登場。

ハリウッド版『キングコング対ゴジラ』の実現に、胸が踊りまくりです。

 

監督のツイッターによると撮影は去年終了し、現在は編集作業中。

f:id:jacob777:20180215015945j:plain

 

最近では、キャストの1人がゴジラキングギドラが戦っている映像を編集室で見せてもらったそうです。

それを見た彼曰く「この対決は、生涯忘れられないものになる。キングコング、覚悟しろよ」とのこと。

こんなこと言われたら、待ちきれませんね。

 

今作の監督はマイケル・ドハティ。

もともと今作の脚本を担当してたのですが、前作から続投予定だったギャレス・エドワーズ監督が降板したため、監督も兼ねることになったとか。

日本での知名度はそこまで高くありませんが、これまで2作品ほどの映画を監督。

ブライアン・シンガーのトリック・オア・トリート』や『クランプス 魔法の儀式』といった、ハロウィンやクリスマスを題材にした作品です。

 

ブライアン・シンガーのトリック・オア・トリート [DVD]

ブライアン・シンガーのトリック・オア・トリート [DVD]

 

 

 

前者は「ハロウィン、くそくらえ!」みたいな奴らが悲惨な目に遭っていく、オムニバス形式のホラー映画。

後者は「クリスマスなんて嫌いだ!」と言った少年が、家族と母の妹一家もろとも、クリスマスを信じない者の元に現れる怪物によって襲われていく、これまたホラー映画。

歴史ある文化を尊重しつつ、娯楽作品に仕上げていった技量に驚きです。

キャラクターものとして観てもどちらも面白かったので、ゴジラの魅力をより引き立たせてくれるのではないかと。

 

そして今作の出演者は以下の通り。

 

・ミリー・ボビー・ブラウン

ヴェラ・ファーミガ

カイル・チャンドラー

チャン・ツィイー

渡辺謙

サリー・ホーキンス

チャールズ・ダンス

・ブラッドリー・ウィットフォード

・オーシェア・ジャクソン・Jr.

・トーマス・ミドルディッチ

・ランディ・ヘヴンス

 

豪華といえば豪華ですが、日本で知名度があるかどうかと言えば話は別。

映画好きなら「おお!」となるキャスティングかもしれませんが、普通の人からすれば「誰?」となるでしょう。

まあ、あくまで主役はゴジラなのですが、やはり人間ドラマも大事だと思うのです。

というわけで簡単ではありますが、キャストの紹介をしようかと。

 

まず今作の主演で、学者夫妻の娘であるマディソン・ラッセルを演じるのは、天才子役のミリー・ボビー・ブラウン

f:id:jacob777:20180226210017j:plain 

怪獣映画では軍人か学者、ジャーナリストが主要人物だったりしますが、今作はまさかの少女。

平成ゴジラシリーズのような超能力を持った少女なのか、それとも家族愛を描くためなのか・・・・・・現時点では不明なので、想像するしかありません。

さて、その彼女はNetflix限定配信のSFドラマ『ストレンジャー・シングス』(めちゃくちゃ面白い)で物語の鍵を握る超能力者、ヒロインのエルを熱演。

今後の活躍が期待されまくっている子役です。 

 

マディソンの母親で学者のエマ・ラッセルを演じるのは、ヴェラ・ファーミガ

f:id:jacob777:20180226210039j:plain

ジョージ・クルーニー主演の『マイレージ、マイライフ』でアカデミー助演女優賞にノミネートされるほどの実力者。

かと思えば、ホラー映画『死霊館』シリーズで主人公を演じるなど、いろんなジャンルの作品に出演。

 

マディソンの父親、マーク・ラッセルを演じるのは、カイル・チャンドラー

f:id:jacob777:20180226210058j:plain

マンチェスター・バイ・ザ・シー』といった人間ドラマ、『アルゴ』や『ゼロ・ダーク・サーティ』など、アカデミー賞寄りの社会派作品への主演が多めだと思いきや、そうでもありません。 

『SUPER8/スーパーエイト』や『地球が静止する日』といったSF映画にも出演。

キング・コング』(モンスターバースとは関係のない、2005年に公開されたピーター・ジャクソン監督版)では恐竜やキングコングから逃げ回りながらも、たまに男気を見せたりもするコミカルなキャラを演じました。

「名前は知らないけど、顔は見たことある」という人もいるのではないでしょうか。

個人的に好きな俳優なので、今作への出演が決まったときは嬉しかったです。

 

モナーク(モンスターバース・シリーズに出てくる架空の組織)の重要人物を演じるのは、チャン・ツィイー

f:id:jacob777:20180226210113j:plain

まあ・・・・・・あまりにも有名な女優なので割愛しても大丈夫でしょう。

 

前作から引き続き登場する芹沢猪四郎博士を演じるのは、渡辺謙

f:id:jacob777:20180226210127j:plain

うん、割愛で。

あ、ラドンのことを英語表記の「Rodan」ではなく「We call him......Radon」と発音するのを期待しております。

 

こちらも前作から引き続き登場するヴィヴィアン・グレアム博士を演じるのは、サリー・ホーキンス。 

f:id:jacob777:20180226210144j:plain

ブルージャスミン』ではアカデミー助演女優賞をノミネート。

最近では『シェイプ・オブ・ウォーター』でアカデミー主演女優賞ノミネートされるほどの実力者。

パディントン』シリーズにも出演。

 

チャールズ・ダンスはまだ役柄が不明です。

f:id:jacob777:20180226210200j:plain

ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』で主要人物の1人を演じております。

この人もまた社会派作品への出演が多いと思いきや、『エイリアン3』や『ラスト・アクション・ヒーロー』、『高慢と偏見とゾンビ』などにも出演。

 

スタントン博士を演じるのは、ブラッドリー・ウィットフォード。

f:id:jacob777:20180226210213j:plain

ドラマ『ザ・ホワイトハウス』ではエミー助演男優賞を受賞。

ゲット・アウト』や『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』などといった話題作にも出演。

個人的にはホラー映画『キャビン』での出演が印象に残ってます。

 

オーシェア・ジャクソン・Jr.はまだ役柄が不明です。

f:id:jacob777:20180226210224j:plain

彼はあのアイス・キューブの実の息子。

『ストレイト・アウタ・コンプトン』で、若き日のアイス・キューブを演じて話題になりました。

 

トーマス・ミドルディッチはまだ役柄が不明です。 

f:id:jacob777:20180226210235j:plain

ドラマ『シリコンバレー』で主人公のリチャード・ヘンドリックスを演じております。

実は彼、前作の『キングコング 髑髏島の巨神』にも声のみですが、出演しております。

主要人物の1人、ウィーバーの電話相手である仕事を取り計らってくれたジェリー役です(下の画像を参照して頂ければ、と)。

時代設定的に、さすがに今作で同一人物を演じることはないでしょう。

f:id:jacob777:20180215031644p:plain

 

ランディ・ヘヴンスはまだ役柄が不明です。

f:id:jacob777:20180226210252j:plain

前述の『ストレンジャー・シングス』で、主人公一同どころか視聴者にも好かれているキャラクターである、科学教師のクラーク先生を演じております。

今作でもそんな「愛されキャラ」を演じて欲しいです。

 

だいたいですが、出演者の情報はこんな感じです。

あとは日本語吹き替え版が完璧なら言うことなしですが。

モンスターバース・シリーズはタレント吹き替えの被害に遭いまくっているので。

GODZILLA 怪獣惑星』みたいなキャスティングなら良いのですが。 

 

ちなみに今作の次回作である『Godzilla vs. Kong(仮)』の監督はアダム・ウィンガード

ウィンガード監督による最新作のハリウッド版『デスノート』があんなのだったので、多くのゴジラファンをざわつかせました。

ですがツイッターでは相当なゴジラ愛を語っていました。

それにこれまでの作品の『サプライズ』や『ザ・ゲスト』はテンポよく、面白い作品だったので、なるべく前向きに続報を待つとします。

1ヶ月、上映中の映画をタダ見した

アカデミー賞ノミネート作品が発表されましたね。

この世界の片隅に』がノミネートされなかったのは残念ですが「ノミネートされるかどうか」まで話題になっただけでも凄いことだと思ってます。

大健闘かと。

それと『シェイプ・オブ・ウォーター』が最多ノミネートということで、日本公開が早めてくれないかと勝手に願っております。

 


『シェイプ・オブ・ウォーター』予告編 | The Shape of Water Trailer

 

クリストファー・ノーラン監督がノミネートされたのも嬉しいのですが、「この人はいつでも獲れるんじゃないか?」と思ってるので、今回は「デル・トロ監督に譲って欲しいな」というのが正直な気持ちです。

 

それはそれとして去年、TOHOシネマズのシネマイレージが6000ポイント貯まりました。

シン・ゴジラ』を観まくったおかげかと。

そのポイントの特典で「映画が1ヶ月無料」になる「フリーパス」を発行しました。

時間が許す限り、映画をいくら観まくっても無料!(と言ってもいくつか例外ありで、3Dなどは追加料金が必要)。

好きな映画を繰り返し、何回も観れるという夢のような1ヶ月を過ごしました。

最終的に16回(作品数は15)でした。

もっと観とけば良かったなあ・・・・・・思ったより、映画館に行けませんでした。

 

そんなわけで今回はフリーパスで観た作品を、 2〜3行のテキトーな感想と共に載せておきます。

なお、順番は「観た順番」です。 

 

・『マイティ・ソー バトルロイヤル』

 

とんでもなく愉快な映画でした。

音楽、雰囲気がクセになる・・・・・・!

同じ場面ではないものの、ジェフ・ゴールドブラムサム・ニールが出ているという・・・・・・久々の『ジュラシック・パーク』キャストに嬉しくなったり(笑)。

 

・『ジャスティス・リーグ

 

ぶっちゃけ「もっと面白くできたんじゃないか」感が否めません。

序盤のワンダーウーマンの活躍など、好きな場面はいくつかあったのですが。 

ただ、日本語吹き替え版はタレントがいなくて最高です(これが普通だけど)。

 

・『鋼の錬金術師

 

つまらなかったです。 

 

・『ブレードランナー 2049』

 

うーん、前作のほうが良かったかなあ。

でも女性キャラが全員魅力的でした。 

ジョイちゃん、マジで可愛い。

 

・『火花』

 

うーん、自分には合わなかったかな。 

泣けもしなかったし、笑いもしなかった・・・・・・。

Netflix版はまだ未見なので、今度そっちを観ようかと。 

 

・『ローガン・ラッキー

 

どうもノレませんでした。

出演者が豪華だっただけに残念。

オーシャンズ11』のほうが好きです。

 

・『GODZILLA 怪獣惑星』

 

前回の記事に載せたものを、そのまま引用します。 

 

「アニメでゴジラを作る」というのは素晴らしいのですが、舞台が「2万年後の地球、アニメでしか描けない未知の場所」というのが納得いかなくて。

そこは現代社会を舞台にして、アニメだからこそ出来るとてつもない破壊描写の、荒ぶるゴジラを観たかったです。

それに3DCGが個人的に好きではない(特に人間キャラ)ので、『君の名は。』みたいな綺麗な感じにして欲しかった。

ですが声優陣はとても豪華で、今作の結末は「3部作の1作目だから、脚本を担当したのが虚淵玄だから」こそ出来るとんでもないもので、これに関しては本当に素晴らしかったです。

 

・『ギフテッド』

 

期待しすぎた。

病院のあの場面があざとすぎる。 

もしかしたら自分は、マーク・ウェブ監督の作品が苦手なのかもしれない。 

 

・『DESTINY 鎌倉ものがたり

 

前回の記事に載せたものを、そのまま引用します。 

 

凄く良かったんですが、原作ファンゆえのモヤモヤがあったり(安藤サクラ演じる死神は最高でしたが)、後半がやや駆け足だったのが惜しかったです。

 

・『ゴッホ 最後の手紙』

 

映像表現が凄くて、ストーリーは二の次と思いきや・・・・・・面白かったです。 

ただ、日本語吹き替え版を上映してる館が少なくて。

字幕版しか観れず残念でした。 

 

・『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』(2回)

 

前回の記事に載せたものを、そのまま引用します。 

 

賛否両論が巻き起こっておりますが、自分は普通に感動しました。

マーク・ハミルの演技(吹き替え版の島田敏さん共に)がとにかく素晴らしくて。

ただマジで許せない箇所はいくつかあるものの、概ね好きな作品です。

  

・『否定と肯定

 

緊張感はあったものの、正直ちょっと退屈でした。

実力派役者の演技が見どころ。

自分の中では普段はコミカルな印象の、ティモシー・スポールの演技が印象的でした。

 

・『オリエント急行殺人事件

 

映像化されたものを全部観たわけではないですが、その中でも今作は好きなほうです。 

普通に感動しましたし、ケネス・ブラナーポアロはピッタリかと。

だけど日本語吹き替え版に関しては、ポアロ内田直哉さん、ドラゴミロフ公爵婦人は沢田敏子さんにして欲しかった。 

 

・『ユダヤ人を救った動物園 〜アントニーナが愛した命〜』

 

この実話を2時間にまとめた技量、本当に凄い。 

それに主演のジェシカ・チャステインがますます好きになりました。

邦題は・・・・・・もうちょい、何とかならなかったのか。 

  

・『カンフー・ヨガ

 

何だったんだろう、これ(笑)。

エンディングに全てを持っていかれました。 

だけど出てくる女性陣が全員美人で、目の保養になりました。 

 

 

以上になります。

これからもTOHOシネマズでポイントを貯めていこうかと。

ただ、上映前の前置きが長かったり、吹き替え版の上映が少ないのはどうにかならないかなあ。

2017年度:映画ベスト10

今年ももうすぐ終わりなので、2017年に日本で公開された映画(Netflix配信作品を含む)の個人的ベスト10を載せておきます。

2〜3行のテキトーな感想付きで。

 

1位:『ダンケルク

 

もともとクリストファー・ノーラン監督作品が大好きなのですが、今作も期待を裏切らない映像作品に・・・・・・!

あまりにも素晴らしい作品だったので「4K ULTRA HD」付きのブルーレイセットを購入しました。

4Kを観る環境、無いのに。

 


映画『ダンケルク』日本版予告編3

 

 

いつか環境を整えてやるんだ・・・・・・!

 

2位:『新感染 ファイナル・エクスプレス』

 

ゾンビ映画は人にオススメしにくいものですが、これは色んな人に普通にオススメできるんじゃないかと。

そこまでグロい場面はないのに、怖くて、ハラハラドキドキで、人間ドラマも素晴らしくて、日本語吹き替え版も豪華で・・・・・・ほとんど完璧な映画じゃないか!

邦題以外は。 

 


映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」日本語吹き替え版予告編

 

 

3位:『パトリオット・デイ

 

「良くも悪くもアメリカンな作品」かもしれませんが、個人的には大好きです。

絶え間ない緊張感、そしてそれらを乗り越えた感動は凄まじいものでした。

マーク・ウォールバーグの吹き替えも咲野俊介さんで良かったです。

 


映画『パトリオット・デイ』予告編

 

 

日本でも「4K ULTRA HD」版を出して欲しい。

今は観れる環境ないけど、将来のために!

 

4位:『キングコング 髑髏島の巨神』

 

怪獣を出し惜しみせずに登場しまくり、しかも明るい場面で暴れさせる・・・・・・本当に楽しい映画でした。

特にエンドロール後の・・・・・・あの映像を思い出しては、ニヤついてしまいます。

日本語吹き替え版キャストについては未だに許しておりませんが。

 

5位:『レゴバットマン ザ・ムービー』

 

こちらも日本語吹き替え版キャスト・・・・・というか日本独自のPR全体については許しておりませんが、好きな映画です。

DCのアメコミキャラでバットマンが1番好きなので、オマージュネタに笑い、感動さえしました。

 

6位:『スター・ウォーズ/最後のジェダイ

 

賛否両論が巻き起こっておりますが、自分は普通に感動しました。

マーク・ハミルの演技(吹き替え版の島田敏さん共に)がとにかく素晴らしくて。

ただマジで許せない箇所はいくつかあるものの、概ね好きな作品です。

 

7位:『ラ・ラ・ランド

 

こちらも賛否両論が巻き起こりましたが、普通に好きですよ。

監督の前作『セッション』もお気に入りの作品ですし。

曲も衣装も物語も大好きです。

 

8位:『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』

 

何で「日本をリスペクトしている、素晴らしい海外作品」がこの国ではヒットしないのか。

ですが口コミ等の影響で、話題になっているようで本当に良かった。

日本語吹き替え版しか観れなかったのが心残りです。

 

 

向こうではとっくにソフト化されてるし、いっそ輸入しちゃおうかな・・・・・・。

 

9位:『オクジャ/okja』

 

ポン・ジュノ監督の作品というだけでも嬉しいのに、出演者にポール・ダノ、スティーヴン・ユァン、ジェイク・ギレンホールティルダ・スウィントンという素晴らしいキャスティング。

物語もしかり、カメラワークも見事でした。

Netflix限定なのですが、大きなスクリーンでも観たいです。

 

10位:『マグニフィセント・セブン

 

オリジナル版には敵わないものの、普通に楽しめました。

クリス・プラットがとにかく格好良くて、ますます好きになりました。

そんな彼が『ジュラシック・ワールド』では敵対し合っていたヴィンセント・ドノフリオと共に戦っていたのは、何か胸が熱くなりました(笑)。

 

惜しくもランク外:『GODZILLA 怪獣惑星』

 

「アニメでゴジラを作る」というのは素晴らしいのですが、舞台が「2万年後の地球、アニメでしか描けない未知の場所」というのが納得いかなくて。

そこは現代社会を舞台にして、アニメだからこそ出来るとてつもない破壊描写の、荒ぶるゴジラを観たかったです。

それに3DCGが個人的に好きではない(特に人間キャラ)ので、『君の名は。』みたいな綺麗な感じにして欲しかった。

ですが声優陣はとても豪華で、今作の結末は「3部作の1作目だから、脚本を担当したのが虚淵玄だから」こそ出来るとんでもないもので、これに関しては本当に素晴らしかったです。

 


ついにゴジラの姿が!劇場版アニメ「GODZILLA 怪獣惑星」予告編

 

 

前日談を描いた小説も出ております。

ゴジラのみならず、お馴染みのあんな怪獣こんな怪獣が暴れまくっております。

なぜこっちを映像化しないのか、と思わずにはいられない素晴らしい内容です。

 

・・・・・・そんなわけで、ベスト10に邦画が1つも入っていないという。

アウトレイジ 最終章』は面白かったんですが物語、出演者共に意外性が足りず。

鎌倉ものがたり』も凄く良かったんですが、原作ファンゆえのモヤモヤがあったり(安藤サクラ演じる死神は最高でしたが)、後半がやや駆け足だったのが惜しくて。

昨年『シン・ゴジラ』がヒットしたので、もっと面白い邦画が出てくるかと思ったのに・・・・・・少し期待外れでした。

というか、そもそも2016年の邦画が凄い作品ばかりだったこともありますが。

来年はもっと面白い邦画(もちろん洋画も)が増えることを願います。