2017年度:映画ベスト10

今年ももうすぐ終わりなので、2017年に日本で公開された映画(Netflix配信作品を含む)の個人的ベスト10を載せておきます。

2〜3行のテキトーな感想付きで。

 

1位:『ダンケルク

 

もともとクリストファー・ノーラン監督作品が大好きなのですが、今作も期待を裏切らない映像作品に・・・・・・!

あまりにも素晴らしい作品だったので「4K ULTRA HD」付きのブルーレイセットを購入しました。

4Kを観る環境、無いのに。

 


映画『ダンケルク』日本版予告編3

 

 

いつか環境を整えてやるんだ・・・・・・!

 

2位:『新感染 ファイナル・エクスプレス』

 

ゾンビ映画は人にオススメしにくいものですが、これは色んな人に普通にオススメできるんじゃないかと。

そこまでグロい場面はないのに、怖くて、ハラハラドキドキで、人間ドラマも素晴らしくて、日本語吹き替え版も豪華で・・・・・・ほとんど完璧な映画じゃないか!

邦題以外は。 

 


映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」日本語吹き替え版予告編

 

 

3位:『パトリオット・デイ

 

「良くも悪くもアメリカンな作品」かもしれませんが、個人的には大好きです。

絶え間ない緊張感、そしてそれらを乗り越えた感動は凄まじいものでした。

マーク・ウォールバーグの吹き替えも咲野俊介さんで良かったです。

 


映画『パトリオット・デイ』予告編

 

 

日本でも「4K ULTRA HD」版を出して欲しい。

今は観れる環境ないけど、将来のために!

 

4位:『キングコング 髑髏島の巨神』

 

怪獣を出し惜しみせずに登場しまくり、しかも明るい場面で暴れさせる・・・・・・本当に楽しい映画でした。

特にエンドロール後の・・・・・・あの映像を思い出しては、ニヤついてしまいます。

日本語吹き替え版キャストについては未だに許しておりませんが。

 

5位:『レゴバットマン ザ・ムービー』

 

こちらも日本語吹き替え版キャスト・・・・・というか日本独自のPR全体については許しておりませんが、好きな映画です。

DCのアメコミキャラでバットマンが1番好きなので、オマージュネタに笑い、感動さえしました。

 

6位:『スター・ウォーズ/最後のジェダイ

 

賛否両論が巻き起こっておりますが、自分は普通に感動しました。

マーク・ハミルの演技(吹き替え版の島田敏さん共に)がとにかく素晴らしくて。

ただマジで許せない箇所はいくつかあるものの、概ね好きな作品です。

 

7位:『ラ・ラ・ランド

 

こちらも賛否両論が巻き起こりましたが、普通に好きですよ。

監督の前作『セッション』もお気に入りの作品ですし。

曲も衣装も物語も大好きです。

 

8位:『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』

 

何で「日本をリスペクトしている、素晴らしい海外作品」がこの国ではヒットしないのか。

ですが口コミ等の影響で、話題になっているようで本当に良かった。

日本語吹き替え版しか観れなかったのが心残りです。

 

 

向こうではとっくにソフト化されてるし、いっそ輸入しちゃおうかな・・・・・・。

 

9位:『オクジャ/okja』

 

ポン・ジュノ監督の作品というだけでも嬉しいのに、出演者にポール・ダノ、スティーヴン・ユァン、ジェイク・ギレンホールティルダ・スウィントンという素晴らしいキャスティング。

物語もしかり、カメラワークも見事でした。

Netflix限定なのですが、大きなスクリーンでも観たいです。

 

10位:『マグニフィセント・セブン

 

オリジナル版には敵わないものの、普通に楽しめました。

クリス・プラットがとにかく格好良くて、ますます好きになりました。

そんな彼が『ジュラシック・ワールド』では敵対し合っていたヴィンセント・ドノフリオと共に戦っていたのは、何か胸が熱くなりました(笑)。

 

惜しくもランク外:『GODZILLA 怪獣惑星』

 

「アニメでゴジラを作る」というのは素晴らしいのですが、舞台が「2万年後の地球、アニメでしか描けない未知の場所」というのが納得いかなくて。

そこは現代社会を舞台にして、アニメだからこそ出来るとてつもない破壊描写の、荒ぶるゴジラを観たかったです。

それに3DCGが個人的に好きではない(特に人間キャラ)ので、『君の名は。』みたいな綺麗な感じにして欲しかった。

ですが声優陣はとても豪華で、今作の結末は「3部作の1作目だから、脚本を担当したのが虚淵玄だから」こそ出来るとんでもないもので、これに関しては本当に素晴らしかったです。

 


ついにゴジラの姿が!劇場版アニメ「GODZILLA 怪獣惑星」予告編

 

 

前日談を描いた小説も出ております。

ゴジラのみならず、お馴染みのあんな怪獣こんな怪獣が暴れまくっております。

なぜこっちを映像化しないのか、と思わずにはいられない素晴らしい内容です。

 

・・・・・・そんなわけで、ベスト10に邦画が1つも入っていないという。

アウトレイジ 最終章』は面白かったんですが物語、出演者共に意外性が足りず。

鎌倉ものがたり』も凄く良かったんですが、原作ファンゆえのモヤモヤがあったり(安藤サクラ演じる死神は最高でしたが)、後半がやや駆け足だったのが惜しくて。

昨年『シン・ゴジラ』がヒットしたので、もっと面白い邦画が出てくるかと思ったのに・・・・・・少し期待外れでした。

というか、そもそも2016年の邦画が凄い作品ばかりだったこともありますが。

来年はもっと面白い邦画(もちろん洋画も)が増えることを願います。

『ソニックX』エピソード48解説

では前回からの続きで、エピソード48の解説をしていきます。

 

 

・エピソード48『ソニックVS地底大怪獣』 〜あらすじ〜

大魔船を破壊されたDr.エッグマンは火口の中に逃げ込み、世界のヘソに向かった。

世界を滅亡させるという野望のためだ。

ソニックたちはXサイクロンで後を追う。

火口の洞穴から奥へ入ったソニックたちの見たものは!?

(DVDのパッケージ裏のあらすじより引用)

 

エピソード48の題名『ソニックVS地底大怪獣』。

こ、これはもしかして・・・・・・!

 

f:id:jacob777:20171029230043p:plain

f:id:jacob777:20171029230144p:plain

f:id:jacob777:20171029230209j:plain

f:id:jacob777:20171029230218j:plain

 

バラゴン、出てきちゃうかも!?

 

しかしそんなすぐに「地底大怪獣」は登場せず、物語は進む。

食料調達に励む一同。

 

f:id:jacob777:20171029230241p:plain

 

ナメクジ・・・・・・ナメゴンかな。

 

f:id:jacob777:20171029230336j:plain

 

そんなナメクジは放っておき、近くにあった大きなリンゴを発見。

しかしそれは・・・・・・

 

f:id:jacob777:20171029231133p:plain

f:id:jacob777:20171029231139p:plain

f:id:jacob777:20171029231144p:plain

f:id:jacob777:20171029231154p:plain

f:id:jacob777:20171029231204p:plain

 

言わずもがな、モスラなんでしょうけど・・・・・・怖いよ。

がっつり襲ってくるし、可愛くもない。

完全にイメージダウン。

 

モスラもどきから何とか逃げ延び、ようやく地底大怪獣に遭遇。

それは・・・・・・ 

 

f:id:jacob777:20171029230423p:plain

f:id:jacob777:20171029231247p:plain

f:id:jacob777:20171029230434p:plain

 

f:id:jacob777:20171029231331j:plain

f:id:jacob777:20171029231337j:plain

 

モゲラでした。 

映画『地球防衛軍』で初登場、その後『ゴジラVSスペースゴジラ』にも登場したロボット。

いや、嬉しいけどね。

嬉しいけども、そこはバラゴンを期待してたんだがなあ。

 

f:id:jacob777:20171029230525p:plain

f:id:jacob777:20171029230534p:plain

f:id:jacob777:20171029230540p:plain

 

どうにか脱出した一行。

アツミ博士も研究成果を証明することができたのでした。

 

これぐらいかなあ、パロディネタは。

前回のエピソードと比べると少ないですが、派手さはこちらのほうが上という印象。 

 

さて、個人的にエピソード47、48の総評は・・・・・・ぶっちゃけ微妙です。

俺が期待しすぎたのもありますが、せっかくのネタを上手く活かしきれてないというか。

話の内容は壮大なものの、もっと派手にやっても良かったんじゃないかと。

個人的にやってほしかったことは・・・・・・ 

 

ゴジラを出してほしかった。

 

・・・・・・でも、無理がありますかね?

おいそれと出せるものじゃなさそうだし。

パロディとして出すとして「ゴジラもどき」でさえも、出すのは難しそうです。

でもどうせならソニックゴジラの夢のコラボを観たかったなあ。

 

・アツミ博士とソニックの絡みがほしかった。

 

この2大ヒーロー、あんまり絡まないんですよね。

そもそもソニック以外のキャラともあまり会話してなかったような。

ルージュとは最後に握手するのですが、もうちょいソニック達と触れ合ってほしかった。

 

f:id:jacob777:20171029230601p:plain

 

文句ばっかり言いましたが、それでも楽しんだのは確かです。

佐原健二さんの起用は本当に嬉しかったし、東宝ロゴのパロディは普通にカッコイイですし。

スタッフの熱い特撮愛を感じた回でした。

『ソニックX』エピソード47、元ネタ解説

セガソニックシリーズを題材としたアニメ『ソニックX』。

どうかしてる大胆で奇抜な演出の回が多いのが特徴の作品です。

 

例として・・・・・・

メタフィクションネタを盛り込む。

オフコースの歌を挿入歌として流す(さすがにDVD版では別の曲に差し替わった)。

・最終回近くで人間の少年がソニックを拉致、愛の逃避行をする。

 

何だかんだ言って俺は好きですけどね、このアニメ。

地球の静止する日』や『刑事コロンボ』のパロディもあるし。

 その中でも俺が特にスタッフが暴走してると思った印象に残っている話は、

 

・エピソード47『緯度0大決戦!!』

・エピソード48『ソニック対地底怪獣』

 

の2つの話です。

ゴジラ』シリーズなどの東宝特撮映画シリーズにオマージュを捧げている、マニア必見のパロディ回。

しかしそれらを知らない人からすれば、異色な雰囲気に感じる特撮回です。

知らなくても楽しめるとは思います。

ですが自分が大好きな「ソニック東宝特撮映画がコラボする。しかも2話連続」

これはもう、俺にとっては吐血してぶっ倒れるほど嬉しいものでした。

アニメ版『星のカービィ』では、『モスラ』のパロディ回がありましたし、ゲーム原作もののアニメって、意外と東宝特撮映画とコラボしやすいのかもしれません。

あっちもいろいろとぶっ飛んだアニメだったし。 

 

それにセガゴジラシリーズとは深い関わりがありますからね。

ゲームだっていくつか出してるし。

・・・・・・知る人ぞ知る、ジャイアント芹沢博士のことは一生忘れないでしょう。

 

前置きが長くなってしまいました。

今回は、この2つの話に出てきた元ネタを2回にわけて紹介していこうかと。

と言っても全ての元ネタを紹介、解説するわけではありません。

あまりにも多いので、特に目立った箇所や個人的に「おっ!」ってなった部分のみにしておきます。

ストーリーも特撮寄りですが、内容の考察は抜きにし、ビジュアルや演出を重視。

何せ、それほどの数をパロディしまくっているので。

それでも、スタッフがいかに東宝特撮映画を愛しているのかが伝わるはずです。

俺独自の解釈による、こじつけもあるかもしれませんが。

ではさっそく、エピソード47から。

 

・エピソード47『緯度0大決戦』 〜あらすじ〜

 

前回のあまりにも悲しい最後から事態は一変、トパーズたちが乗った調査船“シーホーク号”が消息を絶った。何者かの妨害工作にあったのだ。

そんな中、考古学者アツミ教授が保管していた古代の地図がエッグマンたちに奪われた。

エッグマンたちはその地図をもとに“世界のへそ”の位置を発見し、新たな作戦に出る!(DVDパッケージ裏のあらすじより引用)

  

「どんなパロディネタが待ってるかな?」と思った矢先、最初からやってくれました。

 

f:id:jacob777:20171029215934p:plain

 

・・・・・・どう見ても東宝ロゴのパロディです。

 

f:id:jacob777:20171029220110p:plain

 

ありがとうございます!

 

そしてエピソード47の題名『緯度0大決戦』。

1969年に公開された東宝特撮映画『緯度0大作戦』から。

 

f:id:jacob777:20171029220151p:plain

f:id:jacob777:20171029220158j:plain

f:id:jacob777:20171029220229j:plain

 

ややマイナーな作品ですが、日米共同制作でスケールが大きく、隠れた名作(迷作)。

 

さて、物語序盤で消息を絶ったシーホーク号ですが、これは『キングコング対ゴジラ』に出てきた調査用の原潜と同じ船名。

元になった映画でも、似たような運命を辿ります。 

そして海面下が光ると、ろくなことが起こらないのは特撮作品のお約束。

 

f:id:jacob777:20171029220404p:plain

f:id:jacob777:20171029220417p:plain

 

ゲストキャラの考古地球物理学者、アツミ・ジュン博士。

演じるのは佐原健二さん。

 

f:id:jacob777:20171029220507p:plain

 

声優ではなく俳優で、アニメ出演もこの作品のみ。

 

f:id:jacob777:20171029223312p:plain

 

東宝特撮作品の常連で、『ゴジラ』シリーズなど多数の作品に出演されている方。

特撮ファンで、この方を知らない人はモグリと言っても過言ではないでしょう。

 

作中で佐原健二さん演じる「アツミ・ジュン」。

「アツミ」は東宝特撮映画『地球防衛軍』の主人公、渥美譲治から。

「ジュン」は空想特撮シリーズ『ウルトラQ』の主人公、万城目淳からではないかと。

もちろん、上記の主人公を演じたのは佐原健二さんです。

  

何かがとてつもないことが起こり、現地へ調査団を派遣する。

この流れが1954年に公開された、超名作の初代『ゴジラと一緒。

見送る場面もそっくりです。

 

f:id:jacob777:20171029220605p:plain

f:id:jacob777:20171029221150p:plain

f:id:jacob777:20171029220611p:plain

f:id:jacob777:20171029221209p:plain

f:id:jacob777:20171029220616p:plain

f:id:jacob777:20171029221229p:plain

 

中盤、いつものようにエッグマンに絡まれて戦っている中、軍がある戦艦で駆けつけます。

それはエッグマンが海底に置きっぱなしにしたエッグフォート1を改良したもの。

見るからに1963年に公開された東宝特撮映画『海底軍艦』で初登場した轟天号をベースにしたものかと。

陸・海・空、全てで行動できるカッチョイイ万能戦艦です。

 

f:id:jacob777:20171029222731p:plain

f:id:jacob777:20171029222736p:plain

f:id:jacob777:20171029222744p:plain

 

何やかんやでソニック達の活躍によってエッグマンとの戦いが終わり、一段落した際にアツミ博士が「やっぱりアクションシーンになると、私は目立たないんだな」と呟く。

 

f:id:jacob777:20171029221446p:plain

 

アツミ博士演じる佐原健二さん、以前まではソニック達のような体を張ったヒーロー役が多かったのに、今では博士ポジションだもんなあ。

実写作品でもアニメでも、それは同じ。

何かちょっと切なくなったり。 

 

しかしこれで一件落着とはいかなかった。

エッグマンは今回の野望を諦めたように見えたものの、アツミ博士はこう呟きます。 

「私にはあのエッグマンが、世界のへそを諦めたとはどうしても思えない」

 

f:id:jacob777:20171029221540p:plain

 

不穏な動きを匂わせるラストが、初代『ゴジラ』終盤の演出、台詞と似ています。

ゴジラを撃退し、何とか平和を取り戻したものの・・・・・・古生物学者の山根博士はこう呟きます。

 

f:id:jacob777:20171029221618p:plain

f:id:jacob777:20171029221632p:plain

 

・・・・・・別に俺はエッグマンゴジラ扱いしているわけではありませんので。

あのしぶとさと強靭さはゴジラ並みかもしれないけど。 

 

そして・・・・・・

 

f:id:jacob777:20171029221725p:plain

f:id:jacob777:20171029221751p:plain

 

ところがどっこい・・・・・・

 

f:id:jacob777:20171029222003p:plain

 

フェイントでしたね。

というわけで、次回はエピソード48について解説していきます。

史上最大の作戦キャンペーン

ベイビー・ドライバー』に『新感染 ファイナル・エクスプレス(もう嫌だ、この邦題)』、そして『ダンケルク』がとても面白く、今年公開された映画も良作揃いで嬉しいものです。

エイリアン:コヴェナント』には肩透かしを食らいましたけど(プロの声優オンリーの日本語吹き替え版と、カッコいいダニー・マクブライドが見れたので満足して許しました)。

しかしこれらは日本での公開が遅すぎて、向こうではとっくにいくつかの作品がブルーレイ(しかも日本語字幕、吹き替え版収録のもあったりする)で出ているのには何とも虚しくなりますが。

 

それはさておき・・・・・・先日20世紀FOXから大量の郵送物が届いておりました。

 

f:id:jacob777:20170916155913j:plain

 

やべえ・・・・・・何事だ・・・・・・!?

量の多さにビビりながらも、開封してみると大量のブルーレイが!

 

f:id:jacob777:20170916155935j:plain

 

後日、『バードマン』のブルーレイも届いておりました。

 

f:id:jacob777:20170916155957j:plain

 

計9枚のブルーレイ・・・・・・そうだ、すっかり忘れてた。

「あるキャンペーン」に応募すると、これらが貰えるんです。

それは20世紀FOXが行っている『3枚買ったらもれなく1枚もらえる 史上最大の作戦キャンペーン』

対象商品(ブルーレイ、DVD)に付いてるピンク帯のバーコード部分を3枚集めると、50作品の中から自分が希望するブルーレイかDVDが1枚貰えるというもの。 

詳しくは公式サイトを参照してください。

 

video.foxjapan.com

 

俺は普段から洋画のブルーレイを買い漁っており、このピンク帯も保管しておりました。

作中での名言を載せているのが気に入っていたので。

  

f:id:jacob777:20170916160009j:plain

 

そしてこのキャンペーンのことを知り、保管しているピンク帯の数を確認したら27枚ありました。 

いやあ、やはり帯は取っておくもんだなあ。

こうして、ほぼ無料(キャンペーン応募の際の62円切手はこちら持ちだが)で9枚のブルーレイをゲットしました。

前から観たかった作品、DVDからブルーレイに替えるための作品など。

アニメは甥っ子にあげました。

というのも、選べる50作品の中には入手済みものが多かったからです。

駄作もあったし。

 

この多くのブルーレイの中で、個人的にオススメの作品が『インターンシップ』です。

失業したアナログ気質の中年2人が、Googleに入社しようとするためインターンになるという、面白い内容。

Googleの職場環境なども知れて、こちらも実習生になったかのような気分になれます。

 

これからもブルーレイを買い漁っていく予定なので、また応募するかもです。

ブルーレイセール開催中ですよ、奥さん!

先日『トランスフォーマー/最後の騎士王』を観てきました。

観たのは数日前だというのに、これといった感想を書けません。

内容をまったく思い出せないからです。

マジでつまらなかったのが原因かと(ファンの方、ごめんなさい)。

そう・・・・・・あの時は映画を観終わって、何とも言えぬ気分で帰ろうとしたのですが「このまま手ぶらで帰るのもなあ・・・・・・」となりまして。

時間もあったので、ヨドバシに寄ることに。

なんとそこでは、廉価版洋画ブルーレイのセールを開催中でした!

通常、1枚1530円のところ・・・・・・

 

・5枚で6000円(1枚1200円)

・10枚で1万円(1枚1000円。ポイント10%還元で、実質1枚900円!)。

 

このセールは8月31日までの開催です。

そんなわけで大量に置いてあったブルーレイの中から、真剣に選んだ10枚を買って帰りました。

f:id:jacob777:20170813141907j:plain

f:id:jacob777:20170813141925j:plain

 

大漁、大漁! 

準新作のブルーレイなどもあって、本当にお買い得でした!

過去にDVDで購入したものを、ブルーレイに買い替えるための作品もあったし。

 

特に『俺たちに明日はない』(神邦題。しかも日本語吹き替え版収録)・・・・・・

f:id:jacob777:20170813142202j:plain

 

それと『スカーフェイス』(いつ見ても、パッケージがかっこよすぎる)が手に入ったのは嬉しかったです。

f:id:jacob777:20170813142210j:plain

 

準新作の『ハドソン川の奇跡』も手に入るとは!

元気をもらえる、素晴らしい映画です。

f:id:jacob777:20170813142243j:plain

 

まだまだ欲しいブルーレイがたくさんあるので、またヨドバシに買いに行こうかと。 

トランスフォーマー』シリーズもブルーレイで買い替えたいし(1〜3までは好きなのです)。